本文へスキップ

シミ・そばかすの原因について

シミ・そばかすの原因について

しみやそばかすの原因になるのは、メラニンと呼ばれる物質です。本来は、紫外線の刺激から肌を守るための物質ですが、体内のメラニン量が少ない状態では、紫外線が肌の中まで入り込みコラーゲンやヒアルロン酸などから作られる細胞が破壊され、肌の水分や弾力が失われていきます。それを防ごうとして、メラニン量が増えていきます。肌は、通常28日周期で新陳代謝が起こるため、新しい細胞が押し上げられて表面に出て、表面の肌は古い角質となって剥がれていきます。この肌の入れ替わりであるターンオーバーがうまくいかない場合、表皮の奥にメラニンがとどまってしまいます。その状態で紫外線を浴びることで肌は酸化し、過酸化脂質が生まれ、しみの原因となります。
しみやそばかすは、メラニンが原因ですが、睡眠不足やストレスをかかえた生活では、肌の新陳代謝が悪くなるため、ターンオーバー周期も乱れ、メラニンが定着しやすくなります。

改善するためには、まず紫外線はできるだけ避けるようにします。できてしまったしみやそばかすをなくすことは難しいため、しっかりと紫外線対策を行い予防することが大切です。さらに、ターンオーバーを促進する作用のあるビタミンEや黒く定着したメラニンを無色にさせ目立たせなくする作用のあるビタミンCなどのビタミン類をたっぷり摂るようにします。不規則な生活のままでは、対策を行ってもメラニンが定着しやすいため、できるだけ規則正しい生活を目指しましょう。

帽子とサングラス